下町娘

固形石鹸。130g 食用油がたいへん高価だった時代、使用済み食用油は丁寧に精製され、石けん職人たちがそれを原料にお肌に優しい石けんを作っていました。それはお肌だけではなく、環境にも限りなく優しい石けんでした。横町の銭湯から流れてくるやわらかいお風呂の香り、あの石けんです。 再資源化の道ではなく、ゴミの道を辿る現代の使用済み食用油は、凝固剤で固めて焼却・廃棄されたり、生活排水として河川に流され、環境破壊の要因となっています。TOKYO油田は、15年以上前から、使用済み食用油の回収・再資源化に取り組み、大正13年創業の渋谷油脂株式会社の協力を得て、あの懐かしい石けんをよみがえらせました。 素材・原材料・成分: せっけん素地