おすすめの投稿

油田新聞_2015.08.11

今回の夏休みは、ヨーロッパに行ってきました。

最初訪れた国はデンマークです。 特に行きたいという国ではなかったのですが、 マイルで行ける所は限られていて、その中にスカンジナビア航空の座席が空いていたからで す。 正直、デンマークのイメージは レゴ、カールスバーグ、モラーマースクのイメージしかありませんでした。

コペンハーゲンに着いて思わぬ寒さに体が震えました。 行く前に天気予報を見ておきましたが、完全ハズレ。 長袖をほとんど用意していなかったせいで、滞在の間、寒さに震えましたね。 コペンハーゲンは自転車を乗る人が多く自転車専用道路がきちんと整備されていました。 また、電車や駅では無料wifiを使えてネットに困ることはありませんでした。 一方で思った以上、道にゴミや落書き、乱雑な駐輪が多く見られ、驚きました。(やっぱり日本 はきれいですね) さらに驚愕するほど高い物価のせいで まともな食事はホテルの朝食以外とれませんでした。 幸い、ビールは安くカールスバーグをとことん楽しみました。笑

当初に予定になかったスウェーデンにも行きました。 ヨーロッパのほとんどの国は、シェンゲン協定に結ばれていてパスポートコントロールなしで 自由に国境を越えることができます。 (イギリスを含む一部の国は除く) ということで電車でオーレスン大橋を渡り、スウェーデンに行って見ました(約30分)。物価は デンマークより若干安いですが、日本に比べると遥かに高い物価でした。町並みはデンマーク と似通っていました。

次に訪れた国はクロアチアです。 今回の旅はすべてクロアチアが目的だったのでずっとわくわくしていました。 ザグレブは驚くほどゴミや落書きがありませんでした。 また物価が安く食事も美味しかったです。 町の人々はフレンドリーで人情溢れてました。 実際、市場でブラックベリーを買い、ついでにラ・フランス1つだけ買いたいと話したらラ・ フランスはただでくれました。

クロアチアに着いて気づいたのが、ドイツ系ドラッグストアが多く見られました。また、ドイ ツ庶民の車である「オペル」が多く見られました。トラックもドイツメーカー「MAN」が多 かったのです。 (もちろんイタリア車やフランス車もあったたが、圧倒的にドイツ車オペルが多かった)それ以 外、ドイツ製の洗剤、ドイツ製の歯磨き粉もあり、ドイツ製品の人気ぶりに驚きました。

翌日、また国内線でドブロブニクに飛びました。 バスもありましたが、到着まで13時間かかる距離だったので飛行機で移動することにしました。 ドブロブニクはクロアチアの飛び地でヨーロッパ有数の観光地です。 日本ではジブリの「紅の豚」の背景に描かれたそうです。 アドリア海に面し、とても海がきれいでした。 しかし観光地ならではの人々の無愛想や不親切な態度が目立ちました。 それもそのはずが、ヨーロッパ各国から飛行機、車、船で押し寄せてきて道が駐車場を彷彿さ せていました。また、知らない言語があちこち飛び交い、どこの国の人々だろうと検討もつか ないほどでした。 幸い、宿は人々にごった返したオールドシティから離れていて、寝る間は静かでした。また、 安いケストハウスだったため、共同キッチンがあり、自炊も出来ました。 異国での自炊はなかなかの楽しみです。 ドブロブニクで3泊4日中、ボスニア・ヘルツェゴビナに日帰りで行っ見たかったのですが、バ スの時間が微妙で断念しました。

また、海外に行くチャンスがあれば 今度はイランとカザフスタンに行きたいです。

(A. F.)


最近の投稿