おすすめの投稿

油田新聞_2015.11.04

文化の日

新進気鋭の若者が集うアートイベントに行ってきた。

おめあては、ライブアート。

ライブアートとは、ステージ上で大きなキャンパスを出し、BGMに合わせてペイントする

パフォーマンスの事だ。

絵の具が飛び散る激しい絵もあれば、緻密な絵もある。書家が墨絵と書を合わせて描く

アートも最近流行っている。

目の前で作品が描き出される時、作家の息遣いや想いが伝わって来る臨場感がたまらなく良い。

パフォーマンスとしても面白いし、作品も特別な味わいがある。

今日のライブは、ドリッピングアートとバレエダンサーのコラボ。画家が激しく落とした

絵の具の上を、トウシューズが踏み、踊りながら絵を描くと言う新しい試みだった。

まだまだこれからの2人だと思ったが、将来が楽しみなセッションだった。

互いにソロだけでは出せない、激しく美しい作品が出来上がった。

1+1=2にはならない。

分野は違えど、どの世界も同じなのだろう…

チームワークには1人では成し得ない力があることを改めて感じた。

さて文化の日に相応しく

芸術で心を満たした後は、

美味しい食事で締めくくりたい…

心以上に胃の腑を満たしたのは、新鮮な海の恵だった。

あゝ、美味しかった。

アカデミックな1日で締めくくるはずが、最後は食に持って行かれてしまった感が否めない。

今度こそ、次回の原稿は食レポをした方が良さそうだ。

文化の日、身も心も豊かに過ごした1日だった。

( K. I. )

#スタッフblog

最近の投稿