おすすめの投稿

油田新聞_2015.11.26


 いよいよ『目黒川みんなのイルミネーション2015』が

始まりました。

 ということで、先週行われた「点灯セレモニー (21日) 」と

「冬の桜® ふれあいフェスタ (22日) 」に行ってきました。

 昨年と違い、準備 (打ち合わせ) 等の都合で、今年はちょこちょこ

大崎まで足を運んでいますが、会場の「ふれあい水辺広場」へ

行ったのは初めて。

 点灯セレモニーは到着した頃には既になんとなく人だかりが。

金管楽器の音が響く中、ゆるキャラ (桜の木の妖精のめぐろンや

大崎一番太郎) が踊っていたり。17時、みんなでカウントダウン、

無事冬の桜®が咲きました。せっかくなので、会場に3つ隠されて

いるという「桜の花の電球」をちょっと探してみましたが、結構

難しく・・・3つとも探し出せた方はどのくらいいらっしゃったのか、

楽しみです。

 冬の桜® ふれあいフェスタ は小学生の金管バンド・ケータリング

カー・クラフトマーケット・マルシエなどで賑わっていました。

クラフトマーケットにはかわいい小物や懐かしい感じの針金細工が、

マルシエには小川町の野菜もありました。金管バンドは点灯セレモニーの

際にも“今年はないのかしら”という声が聞こえたり、地域の方に

目黒川みんなのイルミネーションが根付いてきているように感じました。

 自分たちの街を自分たちの力で盛り上げる、自分たちの街を好きになる、

誇らしく紹介できる自分たちの街の特色がある・・・

まだまだ変わりつつある大崎の街並みが楽しみに思いました。

( M. S. )

#スタッフblog

最近の投稿
アーカイブ
タグで検索
まだタグはありません。