おすすめの投稿

油田新聞_2016.10.12

オーケストラ

先日、N響のコンサートを聴きに行く機会を得た。 生のフルオーケストラの演奏は、初めての経験だった。

演目に触れるのは止めにして、心の印象だけを書こうと思う。

弦楽器、管楽器、打楽器のパートがそれぞれ織りなす音は

まるで波のようだった。

寄せては返すさざ波が、やがておおきな波になって押し寄せてくる。

弦から管、管から打楽器に音がリレーして行くのだ。

時にリズミカルに音が飛び散って、遊びだす。

放り出されたメロディーは、いつの間にか一つになる。

溢れ出した音がまとまって主題が現れる。

オーケストラならではの華やかで壮大なスケールだと思った。

ふと、自分自身を投影する。

私自身は、

自分という楽器の特徴を捉えて、私しか得られない音を奏でているのだろうか?

自分以外の人の魅力に気がついて、その人にしか出せない音を聴いているんだろうか?

重なり合うリズム、響き合う音を聞きながら

人と人のつながりを思い浮かべていた。

オーケストラの様に、異なる個性を響かせる事が出来たら

どんなに素晴らしい事だろうと思った。

( K. I. )

#スタッフblog

最近の投稿