おすすめの投稿

油田新聞_2017.08.01

 最近、集中豪雨が多く、道路にも水溜まりが多くできます。

 先日の会議で話題になりました、車で走行中の水はねです。わだちにできた水溜まりなどを

普通に走行すると当然、歩行者に水が掛かってしまいます。道路に水が溜まった状況で、車の

タイヤで跳ね上げる水しぶきの影響を速度別での検証によると、時速40キロで走行したときの

水しぶきは、歩道側に約2メートル跳ねました。歩道に水しぶきが跳ねないようにするには、

時速10キロ以下で走行しなければなりません。また、急に減速しては、後続車に追突されることも

あるかもしれません。このようなことを踏まえ、雨のとき、雨上がりの走行は気をつけましょう。

( H. O. )

#スタッフblog

最近の投稿