おすすめの投稿

油田新聞_2018.07.03

あっという間に7月に突入、1年の上半期が過ぎてしまいました。

早すぎる…

最近、夏のイベント;すみジャズの運営会議も毎週あり…

ボランティアは楽ではないなと痛感。

さてさて、油田新聞。WEBでは日付で記載しているので関係ありませんが、

毎週会議で配布するものにはナンバーが振られています。

第200号の時はまったく気にならなかったのですが、今回第300号となりました。

入社1年目の時、会議の通し番号は新しい年にリセットして第1回に戻す、

油田新聞はそのまま番号継続でと言われ、そのように続けてきました。

そこで、会議の回数分、年間50くらいずつ増えるとして、私が入社して5年目。

ふと「あれ?いつから始まったの?」という疑問を初めて感じたわけですが、

油田新聞スタート時からいる社員は、お一人だけかも…

社員4名だと、必然的に月1~2回のお当番、ネタがない~と毎回悩むものです。

テーマがあったらあったで、難しくなることもあるのですが、なんでもいいというのも結構悩ましいもの。

新聞に限らず、よく“そんなに考えなくても”とか“適当でいいよ”と、よく言われるのですが、

適当にというのが苦手な性分。毎回ひたすら困ってます。

まぁ、それはさておき、ホームページリニューアルの時に、WEBにも載せれば?ということで、

ますます、こんなこと書いちゃマズイ?とか思ったりすることもあり…

(これまた、誰も見てないから適当で大丈夫とか言われそうですが。)

地味に悩みのタネの油田新聞、何回まで続くのか。果たして、ゴールはあるのかしら…

(M. S. ) 

#スタッフblog

最近の投稿