おすすめの投稿

油田新聞_2019.02.12

 先日、地元の友人と厄除けのお札を返しに行ってきました。

子どもの頃から通っている大師ですが、関東三大厄除大師だと知ったのは大人になってから…

車なしでは動けない田舎ですが、割と位の高い神社もあったりします。

 さて、お札を返した後、友人とランチをしようという流れだったのですが、うち一人が

某ゲームにはまっているようで…おかげで、久しぶりに城山公園に行くことになりました。

 お城まで登る坂道、子どもの頃は駆け上がっていたのが不思議でならない…

今は忍者がピストンで車に乗せてくれるようなのですが、時間はたっぷりあるので、

今回は地味に歩きました。

 公園内には孔雀園があります。(あ、孔雀園なのに、猿もインコもいます…)

一般的なインド孔雀はもちろんですが、変種の白孔雀もいます。白孔雀は邪気を払ってくれる

縁起の良い生き物と言われたりもするそうです。眺めていたら係のおじさんに話しかけられ、

今さらながら知った事実:孔雀の羽って一年で生え変わるんですね…

 夏を過ぎるとだんだん抜けて、ちょうど今頃それなりに生え揃うらしく、羽を広げる様子を

見るのは桜の咲く次期が一番らしいです。

 野鳥の森も大学の研修寮も5月~6月に行くことが多かったためか、年中羽を広げるものだと

思い込んでいました。

 この城山の孔雀たち、15年以上生きている孔雀ばかりだそうで、野性ならそろそろ…

ということで、飼育されているとは言っても、あと数年したらいなくなっちゃうかもしれないみたいです。

 どうなるのか、孔雀園。数年したら、また行ってみようかな。今度は春頃に!

( M. S. )

#スタッフblog

最近の投稿