おすすめの投稿

インドの犬(ゆ)

昨日、ワンコについては明日と書いたので、続きをここで。

インドの町には動物が溢れています(^^)

牛や猿、ヤギ、犬、猫。コルカタのビクトリアメモリアルホールの近所には、観光用の馬車が

あったせいか、道路に放し飼いの馬が歩いていました。みんなひかれないでいるんですね。

牛や猿は神聖な動物です。それなのでヒンズー教では牛肉は食べません。

猿も神聖な動物とされていて、それがわかっているんでしょうね。頭がいいから、威張っていて、26年前には猿にバナナを取られた経験があります。それなので、猿は嫌いです(^^)

私は「さるどし」なので、当時は喧嘩腰に対抗しましたが、負けました・・・

動物にも階級があるお国です。で、犬はというと「不浄」の動物とされています。

だから、インドの犬はやせ細っていて、汚いです。「不浄」の動物ですからね、子犬だろうとカワイイカワイイと触ったりもしません。

猫はどうか知りませんが、猫も小汚かったですね。

みんなのらです。放し飼い。

ところが、コルカタの宿のそばにラブラドールらしき犬をリードをつけて散歩している人がいました。2頭連れていて、ドッグシッターかな?とも思いました。

コルカタは都市ですからね。海外帰りのインド人もいるでしょう。そういった人たちはヒンズー教の価値観とは違うものを持っても当たり前です。

ああ、インドも変わったなと思いました。ペットの犬がいるなんて夢にも思いませんでした。

それに、夏は暑いですからね、欧米産の犬は大変ですよね。

日本でだって、洋犬は、気の毒でした。

そんなのを見たせいか、以前に飼っていたゴールデンレトリバーのビッグが夢に出てきました。天竺に近いからかな?なんてね。ワンコはとっくに死んでもうどこにもいないのですけどね。

#油田シネマ

最近の投稿
アーカイブ
タグで検索
まだタグはありません。
会社情報

 

商 号 株式会社ユーズ

本 社 東京都墨田区八広3-39-5

電 話 03-3613-1615(代)

事業内容

 

資源循環型社会作り・環境屋・まちづくり,街の油田化・廃食油の循環.バイオ燃料(VDF)の販売

VDFプラントの販売,天ぷら油発電イベント企画・運営.地域コミュニティ油田モール運営・カフェの営業・食育 

環境関連プレスの発行・環境教育事業・講演・書籍の販売,食用油・厨房用品の販売

Copyright © 2014 U'S Corporation. All Rights Reserved.