おすすめの投稿

油田新聞_2018.05.15

 回収で回っていると、ちょっと変わったかたちで東京オリンピック、パラリンピックの

エンブレムがデザインされたタクシーをよく見るようになりました。

 このタクシーは、『2013年に行われた第43回東京モーターショウの参考出品車である

「JPN TAXI Concept」をベースに市販化したもので、1995年から主にタクシー向けセダンとして

販売されていたクラウンコンフォート/コンフォート及びクラウンセダン(いずれも2017年に販売

終了)の後継車として、新たに発売されたものである。』(ウィキペディアより)のようです。

 ナンバープレートも東京オリンピック、パラリンピック特別仕様のものも多く目にします。

それと同じく来年2019年に開催される、ラグビーワールドカップ仕様のナンバープレートも

良く見ます。ラグビーワールドカップの競技場として私の故郷である岩手県も入っています。

釜石市に現在、東日本大震災で災害にあわれた学校の跡地に「釜石鵜住居復興スタジアム(仮称)」

として建設中です。競技開催のときは多くの観客が訪れると思います。

( H. O. )


最近の投稿