おすすめの投稿

油田新聞_2018.12.25

 2018年も暮れようとして、平成最後の年越しなどと「平成最後の○○」と言う

ワードがいろいろなところから聞かれます。

 思い返すと、私が上京して働き始めたのが平成元年でした。

 平成の始まりの年に私の社会人としての生活がスタートしました。この30年

いろいろなこと、物が変化していきました。

 その中のひとつ、カーナビゲーションの普及です。車を良く運転する私は、

どこに行くのも地図は必要不可欠でした。通勤するルートも地図を眺め、

渋滞の少ない道、いろいろな道を試しながら早く到着する道を模索しました。

 10年少し前は、渋滞も少なくスムーズな通勤の道でした。

 しかし、気が付くと、なんだか車が多くなり、渋滞するようになったなと

思うことがありました。

 おそらく、カーナビ、スマートフォンの普及で、私が見つけ出した道と言うのは

ちょっと大袈裟ですが、その道を利用する人が多くなったのではないかと思いました。

 実際、スマートフォンの地図機能で自宅から会社までの道を検索してみると

私が通っている道とほぼ、同じ道を示したのです。茨城方面から都内に抜ける道には

良い道のようで、今や、裏道などは存在しなくなったのではと思うこのごろです。

 またこの先、どのような変化、進化があるのか楽しみです。

( H. O. )

#スタッフblog

最近の投稿