おすすめの投稿

油田新聞_2019.08.20

お盆も終わると夏ももう少し。

最近は残暑も尋常ではない暑さですが、ここから先は無駄に暑いだけですね…

さて、今年のお盆休みは特に海の事故が目立ちました。停滞して行き先の読めなかった台風10号が影響したと思います。

台風の出来方もひと昔前とは変わってきて、進路も過去の経験だけでは計れなくなってきました。

台風のうねりは一般的(サーファー的)に、台風が北緯20度を超えると太平洋岸にそのうねりが

届き始めると言われています。サーファーは台風が出来るとそこを目安に動き出すのですが、

今回は8/11(金)の時点で既に小笠原諸島近海まで北上してました。

北緯20度とは東京から約1,700km。小笠原諸島は約1,000km。

私が行く千葉県の勝浦には、人の背丈の倍近い波が打ち寄せてました。

そんな中で海水浴なんて…

とてもとても恐ろしくて出来ません。

“戻り波”や“離岸流”など色々言われますけど、兎に角こんな時は海や川には近づかない事。

子供から目を離さない、のではなく、常に子供のそばにいる事です。

( D. F. )

#スタッフblog

最近の投稿
アーカイブ
タグで検索
まだタグはありません。